[シンプルでモダンなデザインと、真の使いやすさ]がコンセプト。
TEL:048-782-7320
MAIL:shopmaster@agility-bag.com
facebook line

お知らせ

革の個性について

革の個性について

弊社の商品は天然素材の皮革を使用しています。 人の皮膚が一人一人違うように、動物の皮を加工した皮革も、1枚1枚異なっています。 「個体差」と呼ばれるこの違いは個性といえます。生きて活動をしていた動物の表皮から作られる皮革は、 それぞれが異なっているのは自然なことであり、どれだけ丁寧な鞣し加工をしても、この個体差は避けられません。 天然素材の証、革の個性としてお楽しみください。


バラキズ

バラキズ バラキズ

天然素材の皮革には、傷はつきものです。雄牛同士の喧嘩や、引っかいたような傷、虫刺され、怪我などが痕になって現れます。 一見、爪で引っかいたように見える痕も中にはあります。革は、動物から採れる天然素材です。 多くの場合、放牧飼育されているこれらの動物は、元々傷つきやすい環境にいます。 こうしてついた傷は、原皮に傷跡として残ることがあります。 それが革になっても残った物を【バラキズ】といいます。

血筋

血筋

血筋(チスジ)とは牛の血管の痕がそのまま色濃く表面に現れた状態です。 血筋(チスジ)」の表れ方は、一定ではありません。 皮膚の薄い部位や、血管が体表近くに浮き出ている部位を使った皮革では、 血筋(チスジ)がはっきりと出やすい傾向にあります。 一枚の革の中でも、筋状に何本も入る事もあり天然皮革ならではの表情を演出してくれます。 合成皮革では見ることができない天然皮革だけの自然な風合いともいえます。

シワ(トラ)

シワ(トラ)

「トラ」とは、表面にスジのように入っているシワをさします。

牛の首から肩にかけてのショルダーと呼ばれる部分では何本もシワ(通称:トラ)が生まれる事もあります。 この「トラ」は、天然の革にしか見られないため、欧米では革の個性として大変親しまれています。 特にナチュラル系やオイル系の革では「トラ」が入ることでワイルドな印象になるので、最近は日本でも好む人が多くなっているようです。 ちなみに、「トラ」の部分は亀裂が入っているわけでも傷んでいるわけでもないので、革としての品質には問題なく、むしろショルダー部分は、元々、牛の身体の中でも激しく動いていた箇所なので、他より丈夫になるとも言われています。

色ムラ

色ムラ

革を染めていると、同じ1枚の革でも、部位によって繊維の密度や厚さが違うために、 染めムラが出ることがあります。 革質は動物の年齢や雌雄、生活環境、品種、個体、身体の部位など、あらゆる条件で異なっています。 ですから染めの工程でも、2つとして同じ染め具合の革は存在しません。 それがまた、革を特別に個性的な素材にしている理由です。 また、同じ牛の同じ部位にある狭い面積の革でも、斑紋のようにムラができることがあります。 革の狭い範囲の中に、色が濃い部分と薄い部分、肌理が細かい部分と粗い部分があるという状態です。 これも革質の不均一が原因ですが、革が天然素材である限り、どうしても出てくるものです。 しかもこうした1枚の革の中の色ムラ・染めムラは、革を染色した時にはじめて出てくるものがほとんどです。 2つとして同じものはない。オンリーワンのムラが革の表情を豊かに演出してくれます。

シボ

シボ

牛の毛穴の密度の違いでシボの大小があり、これもそれぞれ個性的な表情を生みます。

ホクロ

ホクロ

人間と同じ様に、牛にもホクロがあります。もちろん、その箇所は千差万別。 中には黒い小さな点も見られますがこれも天然の証のひとつです。

クラック

クラック

本革は縫製時にクラック(ひび割れ)が生じ、縞模様が革表面に現れる場合がございます。 特にヌメ革ではこの縞模様が顕著に現れることがございます。

裏側の染色ムラ

染色ムラ 染色ムラ

革は天然素材の為、薄い部分や厚みのある部分など様々です。 そのため染色した際に薄い部分は裏側に色が濃く染み出る場合もございます。

革の個性に関する注意事項

※下記注意事項を必読のうえ、ご理解、ご了承賜りますようお願い申し上げます。

・革個性や革の表情はお選びいただく事はできません。
・ひどく目立つものを除いて、ある程度は個性としてそのまま出荷しております。
また、「キズの場所が納得いかない。」「バラキズ/血筋が入っていた。」など革の個性による返品等は原則、お受けいたしかねます。
・予め天然素材であることをご了承の上お買い求め頂くようお願いいたします。
・万一、交換させていただくといった場合にも、革の個性はお選びいただけませんのでご注意ください。

予めご理解・ご了承の程お願い申し上げます。

ページトップへ